男の人

忍び寄る毒針!痛い思いから逃れよう|蜂の巣駆除の個人事故が多発

トラブルの前に対処する

一軒家

家主や地主の責任になることもある、蜂トラブル。蜂の巣駆除や警告などの対策をしておくことで、被害を抑えてトラブルを予防することができます。巣の位置や状態を確認してどのようなリスクがあるか考えましょう。

Read More

被害を拡大しないために

蜂

タイミングと手際が命。蜂の巣駆除には、専門の駆除会社で現地調査や見積もりを依頼しましょう。被害を大きくせずに、駆除を完遂させるには、経験豊かな会社で相談することが安全性の高い手段です。

Read More

効率的な対策

2人の女の人

多くの種類がいる蜂。その習性や特徴から、蜂の巣駆除を効果的に行なうこともできます。専門の駆除会社に依頼することによって、薬剤の種類や、利用しない方法などを選ぶこともできます。

Read More

個人での対策は危険

男性

個人で蜂の巣を駆除しようとした際に、ケガなどをする人が多くいます。小さな蜂でも油断せずに対処をする必要があります。蜂の種類や駆除する方法を見誤ると、死に至る恐れもあります。蜂の巣を駆除するには、かなりの危険を伴うのです。蜂の巣には基本的に、段階があります。まず巣のサイズの小さな春頃、次に、軍隊蜂が揃う夏、巣がかなり肥大化するピークである秋です。春の初期は、女王以外の蜂がまだ揃っておらず比較的簡単に蜂の巣ごと駆除ができます。しかし、それでも増え始めた蜂に刺される恐れがあるため、慣れていない人が行なうには危険です。夏のフェーズに入ってしまうと、個人で手に追える状況ではありません。巣が肥大化しており、切り取るのも受け止めるのも一苦労です。さらに働き蜂の軍隊が完成している頃のため、防御が硬いのです。警戒範囲に近づいたか否や、軍隊でお出迎えされる恐れがあります。その際に一匹でも刺されたら、危険です。蜂には、敵を示すための攻撃性フェロモンがあります。それが刺された際に注入されます。その後は、他の蜂からも一気に追撃されるのです。一匹では致死量の毒ではなくても、何匹もの蜂に刺されては溜まったものではありません。さらに、蜂毒はアナフィラキシーショックという恐ろしいアレルギー反応を招きます。蜂に刺されることで死亡するのは、このアナフィラキシーショックに寄る反応です。秋はさらに警戒範囲が広がるので、もっとも危険です。安全に駆除するには専門会社に依頼をします。忍び寄る毒針に気付き、痛い思いから逃れましょう。